臨床経験が多いベテラン心理セラピストが陥る失敗とは? 未然に防ぐ方法を公開

 

どうしても伝えたい研究の結果があります。

特に、ベテラン心理セラピストにお伝えしたいですし、経験の浅いセラピストにも関係してくる内容です。

要するに、私たち全ての対人支援者にお伝えしたいことです。

どうすれば効果的な心理セッションを提供できるのか? そのようなテーマに関して驚きに結果がわかったのです。

 

大規模な臨床の効果測定をした追跡調査

研究の紹介

いくつか同じようなのがあるのですが、例えば2016年の海外論文。

Journal of Counseling Psychologyに掲載。

Goldberg, Rousemanier, Miller, Whipple, Nielsen, Hoyt, and Wampoldらの研究。

6500名のクライアント。170名の心理セラピスト。5年間の大規模な追跡調査です。

Do Psychotherapists Improve With Time and Experience?  A Longitudinal Analysis of Outcomes in a Clinical Settingというタイトル。

その研究へのリンク(英語)

 

研究の内容と結果

解説していきますね。

研究の内容は、心理カウンセリングの実績や経験を積んでいけば、効果的なセラピーを提供できるのか?

クライアントは回復、成長していくのか? ということです。

結果は、実績と経験をつめば、、、

自信がつく! おー、いいですよね。

技術もつく! あった方がいい。

知識もつく! んー、ついた方がいい。

ここからが大事!

実績や経験を積んでも、効果的なセッションという意味では、向上しなかったのです!!!

こりゃ〜。大問題ですよ。

もう少し続きます。ベテランになればなるほど、少しだけど、セラピーの効果が減ってるのです!!!

これもっと問題です。

 

研究に関する考察

要するにこういうことです。ベテランになればなるほど、変に知識ついて、慣れてきて、時に自信過剰になってる。

自己流になったりもするし。フィードバックを受けないと変な癖がついてしまう。

言い方はキツイですが、、、

ラーメン屋のオヤジが、20年ラーメンを作り続けても、まずいラーメンもある!(笑)

数年の経験でもうまいラーメンもある!

私自身、20才の頃から一人暮らし、、、、

毎日毎日、自炊をしてきました。20年以上、ほぼ毎日料理します。包丁握ります。

だから、要領よく作れます! 変な自信もある! でも味は普通!(笑)

店で出したら、、、金、返さんかい! というレベル。

 

なぜ普通にしか作れないのか?

心理セラピーのトレーニングと一緒です。私は料理を誰にも学んできてない。クックパッドとかも見ない。

すべて自己流。いつも同じパターンで、同じように作ってる。

あなたのラーメン美味しいですか?

レシピを学んだり、上達したいですか?

 

もう一つ研究をご紹介していきますね。

全ての支援者に、どうしても知ってほしい内容です。

 

 

心理臨床におけるドロップアウト(中断)の研究

研究の結果

リピート率、継続率、ドロップアウト、言い方は色々ですが、それに関する研究です。

Schwartz博士らの研究、その他のメタ分析の研究とか色々あるのですが、、、わかりやすくお伝えしますね。

1回目のセッションをクライアントが受けますよね。

平均して何人が、やめていくと思いますか?

10人に4人が、やめます。40%が離脱。

ここからが興味深い。

2回目のセッションをクライアントが受けます。さらに何人がやめていくと思いますか?

さらに4人がやめます。えっ、まじか!

2回目終わったら、10人中2人しか残っていない!

 

ベテラン心理士はどうなのか?

しかも新米セラピストだけでなく、ベテラン心理士も同じ結果だったのです!

衝撃的ニュースです。新聞の1面です。Yahooニュースのトップです(笑)

これはアメリカでの研究の結果です。日本よりも心理学の先進国。

心理セラピストのレベルは日本よりも高い。

それでもそれくらいなのです。日本だともっと悲惨な結果になりそう。

 

そもそも、なぜリピート(継続)しないのか?

もうちょと続きます。

なぜ、そもそも、クライアントは中断するんだと思いますか?

もちろん色々理由はあるのですが、

1番の理由は、「支援者に満足しなかったから」

要するに、この心理セラピストとはやっていきたくない、このカウンセラーには心を開けない、イマイチと感じた、ということです。

こ、これは、、、私たち支援者が誠心誠意、受け止める必要があると思いませんか?

 

現場のカウンセリングセッションでも

現場で臨床をやっていても同じように感じます。

前のカウンセラー、傾聴ばっかりで役に立たなかった。

悪くなった。イマイチだった。

かなりの確率で、そのようなことを言われます。

それで、どんなことをやっているのか聞くと、、、あらまぁ、そりゃそうだよ、って思わされます。

 

リピート率の大事さ

私も最初の頃は10人中7人は、、、どんどん、やめさせてしまってました。

リピート率はとても大事です。

だって、クライアントに続けてもらえないと、、、本当の価値は提供できません。

しっかり継続してもらうように持っていくのは、支援者の腕が試されるのです。

1回目のセッションで、、、

何をやるのか?

何を語るのか?

どう話を聞くのか?

どう関係を作っていくのか?

どう、そこに存在するのか?

これらは、とても大事な視点です。

 

リピート率を効果的にあげる方法

開業カウンセラーやそれを目指す人であればなおさらです。

もう1回言います。クライアントの問題ではなく、支援者側の問題なのです。

効果的なセッションを提供したい、しっかり継続してもらえるようになりたい、

そんな方は1年コース(総合トレーニング)をご検討くださいね。

 

リピート率をあげる方法の記事。

なぜリピート率なのか? 収入との関係とは? リピートしてもらう方法とは? 山口のリピート率は?

その記事はこちらより。

⬇︎

カウンセリングでリピートしてもらう方法

 

 

効果的なセラピーをする方法

 

ではどうすればいいんだ、という話になりますよね。

研究を、まとめると。長年カウンセラーをやっても効果的なセッションを提供することは非常に難しい。

そして、1回目で40%やめる、2回目で40%やめる、20%しか残らない。

理由はクライアントはセラピストに満足していない。

そんな研究をご紹介してきました。支援者には耳が痛い研究の結果。でも受け止める必要ありです。

解決方法は簡単ではないです。でも、以下のポイントを意識することからはじめてみませんか?

 

海外の心理セラピストたちの考え

海外の専門家たちは、、、なんて言うと思いますか?

それを自分で考える方がいい気がする(笑)

ま、冗談は半分にして。これがポイントです。

「クライアントから学べ」

あっ! 今あなた、、、そんなこと、、、って思いませんでしたか(笑)

クライアントから学ぶ。とっても大事です。とっても深いです。とっても難しいです。

どうすれば、それが出来ると思いますか?

クライアントに、、、「どうやってトラウマ症状減らせばいいですか〜?」って聞いたら、、、

知らんからカウンセリングに来てるんですけど!(怒)ってなりますよね。

 

クライアントにフィードバックをもらう

クライアントに学ぶ1つの方法は、、、クライアントにフィードバックをもらう。

システマチックにもらう。

ただ何となく「セッション受けて、どうでした?」

それは、聞かないよりいいけど。もっと色々な局面でしっかり聞いていくのです。

例えば、ソマティックなワークをすることについてフィードバックを受ける。

クライアントに学ぶのです。

他には、実践してもらう「宿題」に関してフィードバックを受ける。

クライアントに学ぶのです。

さらには、セッションを受けての感想をしっかり聞く。

これも怖くて聞けない支援者もいますよね。

だって、イマイチだった、、、そう言われるのショック(笑)

でも、そう言ってもらうこと大事です。そもそも完璧なセッションが出来ると思っている方が変です。

だから、「クライアントに学ぶ」なのです。システマチックに。謙虚に。当たり前のように。

 

ある研究では、効果が上がった

研究では、しっかりとフィードバックを受けると、、、

30%セッションの効果が上がった!らしいです。

3割ってけっこう大事ですよね。

 

でも最後に私はこう言いたい。

クライアントに学ぶ、、、その学び方を学ぶ!

そんなことも必須です。

 

もうちょっとあります。クライアントに学ぶ、、、その学び方を学ぶ、、、ということを学んで頂けたでしょうか?

こ、混乱する、、、(笑)

最後に、あなたはクライアントに学んでいますか?

 

 

 

 

 

 ⬇︎     ⬇︎     ⬇︎

 

 

計7本の動画

◉ 見捨てられ不安を改善する

◉ フラバや完璧主義を減らす

◉ 恥や自責を減らす

◉ チャイルドワークを効果的に

◉ トラウマセラピーの原理原則

 

定期的に配信している、心理セラピーのノウハウ、海外の情報、

お役立ち情報たっぷりのメルマガも受け取れます。

 

メルマガでしか告知しないものもあります。