この記事を書いた人 

山口修喜(Nobuki Yamaguchi)

北米に17年間住み、カナダ、ブリティッシュコロンビア州の公認臨床心理カウンセラーとして7年間働く。

帰国して、海外の最新トラウマセラピーを支援者に講座で伝え続けている。

 

 

ぽむ
ばうんでりー?

 

山口のぶき
ぽむ~。バウンダリー。境界線のことね。

 

ぽむ
ここが「僕の陣地!」ってやつでしょ?

 

 

境界線(バウンダリー)って何?

 

この記事を読むのも、読まないのも、
あなたの自由。あなたの選択。

ここで読むのをやめるのも(笑)
あなたのバウンダリー。

境界線、バウンダリーというのは、
簡単に言うと「線を引く」ということ。

ここまで、と意思表示をすることが
線を引くということですね。

よくある例は、
ある友人に夕食に誘われた時、
あなたは、どのような
意思表示をしますか?

断りにくいので、何となく行く。

又は、今回は、行きたくないので断る。
もしくは、行きたいのでいく。

断るにしても、
嘘の理由を言って、
断る場合もあるかもしれません。

躊躇なく断れる方も、おられるでしょう。

 

 

心理カウンセリングにおけるバウンダリー

 

ただ、心理カウンセリングを
受けにくる方は、断ること、
Noということが、苦手なことが多いです。

そりゃあ、そうですよね。

過去に、幼少期に、
親に自分の意思を伝えた時に、
それを尊重して
もらえないことが多いためです。

何度も、何度も、尊重してもらえないと、
もう意思を伝えることをやめよう!
ってなりますよね。

もしくは、意思を伝えることは、
ダメなことなんだ!
となるのも自然ですよね。

なので、大人になっても、
自分の本当の想いとか、
どうしたいのか?

ということがわかりにくかったり、
伝えにくくなります。

心理セラピーでは、
その辺を改善していく
ということもよくあります。

もちろん、言語レベルで、
伝えていい、ということを
認めることなどもします。

ただ、身体のレベルで、
バウンダリーを作っていくことが
1番効果的だと思っています。

と、いうわけで、まずは動画をどうぞ。

 

 

身体レベルでバウンダリーを構築するとは?

 

 

 

トラウマを受けた方への対応は、
どのようにしていくのか?

ソマティック心理学では
どのように解放していくのか?

身体とトラウマで有名な、
パットオグデンは、

「ソマティックなバウンダリーがまず必要」
と言う。

その理由として、
頭レベルで、
Noと断ろうと強く思っても、、、

体レベル、無意識レベルで、
固まってしまう。

言語的な断る練習をするより、
からだ、がまず大事になってくる。

ではどのようにやっていくのか?
例えは、、、

「手で、NOのサインをする」

手をパーにして、相手に向ける、ということ。
手をパーにするという、
「体」の動き、体に働きかける。

さらには、これをすると抵抗がありますか?
自由にできますか?

バウンダリーが苦手なクライアントさんは、
多くの場合、抵抗が出てきます。

その出てきた抵抗を、しっかりサポートする。
しっかり、寄り添っていく。

 

他には、、、

「興味ないという、顔の表情ができますか?」

これもバウンダリーの1つ。
作り笑顔をしてしまいますか?

そのような表情をしたときに、
どのような反応がありますか?

どのような抵抗がありますか?

そこをサポートしていく。

 

あと10個以上、ありますが、、、(笑)

大事なのは、これらの
「行動」「動き」をした時に、
抵抗があるか? ということ。

自由にできているか?
も大事になってきます。

今、試して頂いても、
何か気づきがあるかもしれません。

クライアントさんと、1つ1つ、
試していくのが大事。
1つ1つ練習していく。

抵抗がでてくれば、サポートする。
からだで覚えること、学習し直すということ。

 

 

バウンダリーは生きること、そのもの

 

生きることそのものが、
バウンダリーであるのかも!
と感じます。

毎日の生活で、「選択」することって
とっても沢山ありますよね。

朝起きて、伸びをするのか、しないのか?
から始まり、

朝ごはん食べるのか? 食べないのか?
ちょっとだけ食べるのか?

これは、自分自身との選択、
ある意味、自分とのバウンダリーとも言える。

さらには、人と関わるということで、
山ほど、決めなければ
いけないことが出てきますよね。

朝、出勤する時に、近所の人にあうと、
あなたはどう関わりますか?

1.会釈をする。

2.「こんにちは」と声に出して言う。

3.無視する(笑)

4.いい天気ですね、と少し話す。

これって人との関係における、
バウンダリーですよね。

境界線(バウンダリ―)って別に
NOと言うことだけではない。
どれだけ開いて、
閉じるのかということではないでしょうか?

言うなれば、家の玄関みたいなもの。
ピンポーン!って鳴っても、、、

居留守してもいい(笑)

ドアを開けて人を玄関先に招いてもいい。
リビングまで入れてもいい。

寝室まで入れる場合もある。

 

なので、、、バウンダリーって、
「自由」とか「生き方」と
深い関係があるのではないでしょうか?

ここがしっかり定まると、、、
バウンダリーが柔軟になると、、、
自由に選択できると、、、

「人間関係とっても楽です。」

だって、ぶれないから。
自己一致しているから。

無理した自分では、しんどいですよね。
自然体の自分だと、楽ですよね。

 

 

境界線を構築するタイミング

 

私は、カナダ、バンクーバーで
男性のための性被害支援センターで
働いていました。

そこの代表。ドンライトさん。
先生には、本当に多くのことを教わりました。

その中でもバウンダリーの
「トライアングル理論」は、
斬新なものでした。

簡単に言うと、、、
バウンダリーを構築することで、
自分というアイデンティティーが
しっかりできる。

自分という感覚ができると、
安全感につながる、というもの。

1.バウンダリー
2.アイデンティティー(自分という感覚)
3.安心、安全感

という順番が大事だということです。

 

例えば、、、

政治の話ばかりする山本さんがいたとする。
私は、その話を聞いているのがとても疲れる。
例えば、ですよ(笑)

なので、私は、彼とは政治の話はしない、
と境界線を引く。

だって彼は、政治に対して
いつも怒っている。

政治家に対しての、
怒りを受けるのが疲れる。

いやだ。

なので、その話はしたくない、
とある時彼に伝えた。

そうすることで、山本さんは、
ちょっとイライラして
話していた自分に気づけた。

私は、山本さんといても
自分らしくいられるようになった。
自分は、山本さんとは政治の話をしない。

そういう自分。

そんな自分でいられると、
とっても安全感がある。

以前は、山本さんと接していると、
いつまた、政治の話をされる
のではないかとびくびくしていた。

って感じです。

 

大事なポイント!それは、
まずバウンダリーということ。

まず「安全感」ではないということ。
まず、バウンダリー。

ここがドンライトさんの斬新さ。
通常なら、安心感などを
まず大事にしますよね。

トラウマセラピーでは。
まずは安心安全、って言いますよね。

ドンライトさんは25年以上も
性被害を受けた方、
特に男性被害者の
セラピーを行ってきた。

ある意味、バウンダリーに
テーマがある人は、ちょー多い。

そのドンさんが、
まずバウンダリーだよって
私に教えてくれました。

なので、バウンダリー、
境界線、NOと言えないという
クライアントさんとの
心理カウンセリングは、、、

ソマティック、体にアプローチして、
ドンさんのトライアングル理論を意識して
進めていくような流れが多いです。

 

 

バウンダリーのトライアングル理論

 

ドンさんが教えてくれたトライアングル理論。
それを動画で公開しました。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

ぽむ
今日はもりだくさん、だったね~。

 

山口のぶき
バウンダリーってとっても大事だよね。

 

ぽむ
そんな、普通のコメントいらないし(怒) もりだくさんってことは、、、おやつっ! のこと。

 

山口のぶき
おやつ食べるもんっ、てバウンダリー引いてるつもり。ぶ、ぶ、ぶ。

 

 

 

その無料オンラインセミナーとは、、、

トラウマ症状である、過覚醒、
フラッシュバック、離人感、解離を
減らす方法の動画はこちらより、
登録すると無料でみれます。

 

 

 

無料オンライン講座


無料で動画をゲットする

5つの動画でトラウマから回復する効果的な方法が理解できます。

動画1 リソース構築法

動画2 フラッシュバックや過覚醒を抑える

動画3 解離、離人感の対応法

動画4 怒りとバウンダリーについて

動画5 恐怖症、強迫を手放す