この記事を書いた人 

山口修喜(Nobuki Yamaguchi)

北米に17年間住み、カナダ、ブリティッシュコロンビア州の公認臨床心理カウンセラーとして7年間働く。

帰国して、海外の最新トラウマセラピーを支援者に講座で伝え続けている。

 

 

 

ぽむ
僕もブログ書きたい〜!

 

山口のぶき
ぽむ~。これこれ、今対話してるやつ。これのことよ〜。

 

ぽむ
お〜。じゃあ、カリスマ ブロガー ポム! いい響き(笑)

 

 

もう10年以上書き続けてきました。

どうすれば、
信頼、集客に繋がる
ブログが書けるようになるのか?

書き方もちょっと触れますが、
もっと大事なことがあるんです!

 

カウンセラーのためのブログの始め方

 

あなたは、もうすでにブログを
何年も書き続けている人で、

あまり結果に繋がっていない。

もしくは、これから始める人で、
何を大事にして、どう書いていけば
いいのかを模索しているかもしれません。

両者に参考になると思います。

書き方とか、
具体的な方法は一旦置いといて、

まず、なぜブログを書き続ける
必要があるのか?

その辺から。

 

 

心理カウンセラーとして食べていくのにブログを書くことが必要な理由

 

まずは「知って」もらわないと
何も始まらないということです。

それは、対面で色々な人に
繋がるでもいいし、

ブログを書くことでもいいし、
動画を作ること、
本を出すこと、
チラシを配ること、

どれでも「知ってもらう」
手段ですよね。

知ってもらって、全てが始まる。

 

 

カナダ時代も含めると、
もう10年以上独立、開業してやって
きてますが、

ずっと書き続けています。

まさに今も書いている(笑)

最初は、書くことの大事さを
全然わかってませんでした。

なんとなく、
ホームページが寂しい。

そうだ、お役立ち情報を
載せたい。

ちょっとでも訪問者が
いいなと思ってくれたら、、、

書いた方がセッションに
申し込んでくださるかな、、、

そんなノリでした(笑)

 

まずは知ってもらって、
メルマガとかに登録してもらって、

数ヶ月とか、中には何年も
読んで頂いてから
カウンセリングに申し込む方もおられます。

 

 

ブログを書くことが必要な理由 その2

 

これを読んでいて、
ブログやワードプレスなどの
ホームページの記事を

「書く理由」

そんなのはいいから
書き方を教えなさいよ!

って思われるかもしれません。

でも、あえて地味な書く理由を
丁寧に書いているのも

理由があります。

書く理由を書く理由、、、
頭がこんがらがる(笑)

 

その理由は、
具体的な書き方を知ったところで、

「書き続けれない」ということ。

とっても大事なポイントです。

書き続けること、
ほとんどの人にとって大変なのです。

普段、カウンセラーのための
起業の支援コンサルをやっていても
実感します。

みんな、中々書けない。
習慣化できないんです。

書き続けている人が
細々とでも、カウンセラーとして
やっていけてるんです。

 

さらに、
検索のキーワードを意識して、
タイトルを考えましょう。

そして、役に立つ情報を
しっかり書きましょう。

そして集客に繋げよう。

と言ったところで、
書けないんです。

だからこそ、やり方ではなく、
何を大事にするのか?

書く理由は?
みたいな原理原則が大事になります。

 

そうそう。
書く理由ですよね(笑)

HPやブログ訪問者に

「お役に立つ」

ということが大事な書く理由です。

ブログに今日何食べました。
今日はここに来ました。

あなたが芸能人か
有名人ならいいですが、

誰も興味ないですよね。

いや〜、
今日は、神戸にある
美味しいお魚のお店にいきました〜。

そこで、、、

 

読み続けます?(笑)

読者さんは、
何かに悩んでいるわけです。

その人に届けるように、
書き続ける。

その人に価値を届けるように
イメージしながらでもいいし、

お届けし続ける。

誰か1人をイメージして
書いてもいいですよね。

 

 

どのように検索して、ブログにたどり着くのか?

 

さっきの続きですが、
読者さんは悩んでいる。

だからわざわざ検索して、
その解決法を探してるんです。

このページにたどり着いた人は、

「カウンセラー ブログの書き方」
「カウンセラー ブログの集客」

みたな検索キーワードで
たどり着いたかもしれません。

もしくは、他のことを検索して、
このワードプレスの他の記事に
たどり着いて、

面白かったから(笑)
この記事も読まれてるのかもしれない。

 

その検索のキーワードとかも
読者さん、
今後一緒にカウンセリングを
するかもしれない人に

「想いを馳せる」

ということがとっても大事です。

 

 

そうすると自然と
その人が検索しそうなタイトルが思いつくし、

その人が求めていそうな記事を
提供させて頂ける。

カウンセリングで
起業や副業で食べていくって言っても、

お申し込みされた時に
始まるのではなく、、、

検索して
一文字でも読んでもらったところから
もうすでに始まっています。

関係が。

もちろん多くの方は、
セッションに申し込まない。

でも、そのうちの1%とか、
お申し込んでくださる。

勇気を持って。

その大事なプロセスの
始まりが、記事を書き続ける、
ということではないでしょうか。

 

ブログを書く理由を
お伝えしてますが、

その中で
書き方もふんわり
お伝えしているのが
わかりましたでしょうか。

なんか自然にそうなりました。
狙ってやったというのもありますが(笑)

 

 

それでも書き続けられない理由とは

 

それでも、ブログの内容が
自分中心の内容にブレていくこともあります。

書き続けれないこともあります。
習慣化するには多くの要因が絡んでいます。

ただ、気合いで書け〜!
みたいなコンサルタントとかもいますし(悲)

とにかく書き続ければなんとかなる
みたいな。

まあそのやり方だと
持って2ヶ月ですよね(笑)

このようなやり方は
疲れてきますよね。

燃え尽きてくるんです。

カウンセリングで起業するのは
マラソンみたなもの。

100m走みたいに走っていたら
バテます。

自然体で、
淡々と、マラソンのように
優雅にやっていくのが大事ですよね。

 

 

習慣化していくということです。
習慣化はとっても大事なテーマで、
深いテーマなので、
ここでは書ききれ
そうにないので、この辺で。

21日間続けたら
習慣化できるみたいな
なんちゃってを信じていると
習慣化は難しいと思います。

 

あとは、精神的な
ことも関係してきますよね。

こどもの頃、
自分の意志を親に伝えた時に
ないがしろにされた、、、

このようなトラウマ的な経験が
続くと、

1回でも強烈であれば、
表現することが悪、となる。

精神的な抵抗が起こる。
なので書けないくなる。

完璧でないとだめ、とか。
自分の伝えることは価値がない、など。

批判が怖いとか。

あげると何十ってありそうです。

その辺を解決する
サポートを受けることが大事ですよね。

やり方ばっかり学んでも
心と体が動かなかったら、
進まないですよね。

 

 

本当にブログで集客できるのか?

 

書く原理原則がわかり、
メンタルブロックを緩め、
書くことを習慣化していく。

書き続けていれば
本当に集客できるのか?

こう感じます。

「ちょっとずつ」

そのちょっとずつを
どうお申し込みに繋げて、
しっかりリピートして
お悩みを解決していくのか?

そこも大事になってきます。

何を文章で伝えるのか?
何を口頭で伝えるのか?

言語を使って伝える。

言葉です。

 

 

最近特に思います。

「ただ書けばいいってもんではない」

だって同じようなこと
みんな書いてるから。

その中で、どれくらい

独創的な発想、、、

独自の目線。

業界を俯瞰して、語れるのか?

副業だけでいいなら
なんとかなるかもしれません。

でも起業して、成功したいのであれば
その辺が大事になります。

ただのお役立ち情報では
みんなと一緒、
ということになります。

この辺りのことを、
「じっくり」でも「着実に」
育てる必要がありそうですよね。

2、3ヶ月で出来ることは
誰でも出来るので、すぐに役に立たなくなります。

大変でも、じっくり熟成して
育てると、一生物になります。

 

まあ、そのような
独自の視点、
高い視点から書く、

この辺を育てたい方は
「総合トレーニング」で
お待ちしております。

 

 

 

ぽむ
何のために書くのか? 書く姿勢を学びましたぞよ。

 

山口のぶき
あら、ちゃんと伝わったのね。

 

ぽむ
その高い視点、深い考察、独自の切り口、知りたい〜!

 

山口のぶき
なんか今日はいつもより真面目なのね。

 

 

 

その無料オンラインセミナーとは、、、

トラウマ症状である、過覚醒、フラッシュバック、離人感、解離を
減らす方法の動画はこちらより、登録すると無料でみれます。

 

 

 

 

無料オンライン講座


無料で動画をゲットする

5つの動画でトラウマから回復する効果的な方法が理解できます。

動画1 リソース構築法

動画2 フラッシュバックや過覚醒を抑える

動画3 解離、離人感の対応法

動画4 怒りとバウンダリーについて

動画5 恐怖症、強迫を手放す