カウンセリングの現場で、クライアントさんの怒りを解消出来ずに悩んでいたりしませんか?

それには様々な原因があるのですが、今回はそのうちの大事な1つをご紹介します。

そんなムカつき、怒りはなぜ起こっているのか? その根っこにある原因はなんなのか?

海外のソマティックなセラピストたちの知識をお伝えします。

そして、根っこにある原因を解放する方法もご紹介しますね。

 

「あいつ、ムカつくッ!」「あ〜、ムカムカする!」

 

そんな時ないですか?

それを解消したい人にカウンセリング現場で出会いませんか?

SNSなんかで、やたらと怒っているメッセージを送り続けている人も多いですよね。

 

もちろん理由や原因は色々ありますよね。

なぜそんなにムカつくのでしょうか? 何がそうさせているのでしょうか?

よく見落とされがちな原因があります。

なんだと思いますか?

 

海外の先生たちも結構、よく指摘します。それは、、、、

発表しま〜す!

タッタラ〜ン♫

さぁ〜、、、、

 

 

「はっ、はよう言わんかい!(怒)」

「ジラシやがって〜!(怒)」

 

す、すみません、、、

あなたが今、ムカつくのも自然です(笑)

それは解消しなくてもいい怒り。

そろそろ言いますね。

⬇︎

 

「ムカつく背景には、恥がある」

 

恥? そうなのです。

 

 

恥が引き金となって、

「あいつ、さっさと言わんかい!」ってなるのです。

言わんかい? 私に怒ってらっしゃる(笑)

 

話を戻しますね。

恥をしっかり解消しておかないと

突発的なイライラが出る。もしくは、慢性的な怒りがいつも、、、なんてこともあります。

恥ってとても不快なのです。

だから麻痺したくも、抑圧したくも、なるのです。

そのために登場するのが「怒り」というわけです。

 

 

繰り返される恥と怒り

 

そして繰り返すのです。

恥 → 怒り → 恥 → 怒り

恥が根っこにあって怒りやムカつきになる。そして、怒りを表現してところで、一旦はスッとするけど、根本的な解決にはならないのです。

恥が根っこにあるから、また怒りが出てくる。こんなことが繰り返されるのです。

これを「恥と怒りのループ」と命名することにします。

 

私が発見したことではないです。

海外の恥の専門家が言ってただけです。それを勝手に命名しただけ(笑)

 

セラピーをずっとやっても怒りがおさまらない、、、

それは根っこにある恥をしっかり扱ってない場合があります。

根っこにある恥を解放すると、怒りも落ち着いてくる場合も多いです。

さらに、このようなループがあると気づくことなのです。このようなパターンを捕まえることなのです。

パターンを捕まえるためにも、カウンセラーは、このようなパターンというのもある、ということを心理教育として伝えることも時にはひつようです。

 

「根っこにある恥と、そこから派生する怒り」を理解したところで、、、

次に、どのように恥にアクセスするのか? その辺をお伝えしていきますね。

 

 

恥の対応で、こんな間違いしていませんか?

 

恥(シェイム)は、全てのクライアントにある、というパットオグデン先生の言葉は有名です。

そんな大事な恥の対応について、こんな間違いをしていませんか?

現場で、自己批判が強いクライアント、自己否定とか、恥があるな、、、

そんな流れとかよくありますよね。

それで、聞くんです。「今その恥を体のどの辺で感じていますか?」身体志向のカウンセラーならこんな質問ありますよね。

この質問は早すぎなければ全然してもいいんです。

そして、クライアントはこう言います。

なんとなく、胸のあたりが、、、お腹のあたりが、、、みたいな。

そして心理カウンセラーが、、、「そこにとどまってみませんか?」よくある身体志向の流れ。

そこにとどまっていると、恥やその他の感情が強まることもありますよね。

そして、その辺りを深めて色々やりますよね。

その時に、これをやめましょう、というのがあるのです。なんだと思いますか?

それは、、、

 

「恥の原体験を探す」

説明しますね。

今抱えている自己否定のような、恥のような感覚、そこを解放するのに、原体験、もしくはトラウマ的な体験を探ることありますよね。

こんな感じで。恥の感覚にクライアントが浸りながら、心理カウンセラーが質問するのです。

「それを感じていると、過去の体験を思い出されたり、しますか〜」なんて優しく声をかける。

もしくは、ある程度クライアントの情報を持っていれば、小さい頃にお母さんに否定された時に、感じた感覚でしょうか?

なんて余計な解釈を垂れる! すいません、言葉がきついですね(笑)

でも、ほとんどの場合、恥の原体験を探しても特定できません。

そう海外のソマティックセラピストたちは言います。私の臨床体験でもそうです。

多くの場合、特定できないということ。例外はあります。特に恥は、特定できないことが多い。

他の感覚や感情に比べてということです。なんでもいいですが、怒り、とかそれなりに原体験を特定できたりします。

原体験を特定できるベネフィットもあるわけですよね。

原体験にアクセスして、解放する方法も効果的な1つのやり方です。

でも、恥を扱っている時は、過去のトラウマ体験の特定はしなくてもいい、ということです。

 

恥に関しては、自然とトラウマを特定するまで待つ

恥に関しては、自然と、過去のトラウマが特定される、それでいいと思います。

こう思いませんか?

なんだ、探さなくていいだけか。いやいや、これは本当に大事。

だってなかには激しく探すカウンセラーもいます。

絶対に原体験とつながっていて、そこを特定しないと解放されないと思っている場合も。

恥でこれをやると悲惨です。他の感情でもこれをやってしまうと悲惨。

それで、原体験を見つけれないと、クライアントのせいにする場合もあるのです!

なんでそんなこと知ってるのかって?

こういうこと、よくクライアントが教えてくれるんです。過去に受けたカウンセラーが悲惨だったと。

 

過去のトラウマにアクセスする負担

あなたはこう言われるかもしれない。私はそんな激しく原体験を探しません!

確かに。「激しく」探すのは一部のカウンセラーでしょう。まだまだ多い気はしますが。

でも、それなりに原体験を探すこともクライアントの負担になります。

だって、恥の感覚に浸りながら、過去に繋がる質問をされるんですよ。

ほとんどの場合やらなくてもいいのに。

過去のトラウマ的なことにアクセスするのは、どんな時も思った以上の負担になります。

アクセスしていいのは、それなりの解放などのメリットがあると判断した時だけです。

とりあえず、例外を除いて、恥の場合は、「原体験を探さないくていい」という話でした。

もうちょっと恥の原体験にアクセスしなくてもいい、という部分を深めさせてください。

なぜなら、どのように恥を解放するのか、という大事な部分につながっていくからです。

 

 

恥の原体験を思い出せない

 

悲しかった体験、ムカついた体験、寂しかった体験、この辺は比較的思い出しやすいのです。

でも、恥に関する出来事は、思い出しにくい。

なぜだと思いますか?

自分の存在を否定される感覚というは、とても不快すぎて、言葉にしにくいというのもあるのです。

こどもだったらまさにそうですよね。「悲しいな〜」という方がわかりやすい。

なかなかこどもが、「自分の存在を否定されるのは辛いな〜」なんて言葉は頭に浮かんできません。

なんとなく不快でしかたないのです。

大人になって、カウンセリングでやる時に「私は恥が強くあって、それを解放したいです」なんて誰もいいません。

なんとなく不快という無意識のレベルとも言えるし、体レベルのことが多いのです。

だからこそ、体こそが恥への入り口になるのです。

アクセスする方法がわかったところで、次に恥を解放するヒントをお伝えしますね。

 

 

身体にアクセスして恥を解放

 

パットオグデン先生も言っています。恥の場合、原体験と繋がらないことが多い。

だから、特に身体に刻み込まれる。身体に記憶されるのです。

過去の体験ではなく、身体と関係しているのです。身体なのです。

なんだ、身体にアプローチすればいいだけか? って、思われた方おられますよね。

意外に奥深いのです。ここからオモロくなっていきますよ〜。

 

でも身体にアクセスする抵抗がある

でもですよ。

恥の場合、そう身体にアクセスできないんです。

だって、恥にまつわる「身体の感覚」って、とっても不快なんです。

ちょっとズレてますが、人生で一番恥ずかしかった体験って、思い出したくもないですよね。

失敗したことなど。ゔッ〜、私も今思い出しそうに(笑)

恥の身体の感覚は不快、だけでなく、自分の「からだ」に対して恥があったりもします。

じゃあ、どないしよ、ってなりますよね。

 

恥の対応では〇〇という言葉は使わない?

だからこそ、ゆっくりやる必要がある。

リソースが大事。とか色々あるけど。

まず、「からだ」という言葉を使わない。

現場のカウンセリングで、「からだ」と言わずに、なんて言うの?

「ボデー」ダサく英語で言っただけ(笑)

「からだちゃん」ちゃん、つけただけやん!(笑)

ま、「からだ」よりはいいかも。

 

先生はこう言う。「体験」おー、漢字で書くと、「体」って入ってるけど、、、

話し言葉だとこう聞こえるわけです。「ちょっと、たいけんしてみませんか?」みたいなことですよね。さすがっス。

実はもう一つあるんです。

からだ、と言わずに、、、「動き」これもサイコー!

先生的には、Body ではなく、Experience and/or Movement ですね。

現場で試してみてくださいね!

 

 

恥は身体(ソマティック)に刻み込まれる

 

体への抵抗を配慮しながら、恥の場合は、にアクセスする。

恥を抱えるような体験を、何度も繰り返したときに、確実に体にも大きく影響しているからです。

もうちょっと言うと、

体とか、体の感覚という場合もありますが、恥の体の姿勢が特に大事なのです。

 

 

体の姿勢に影響するのが恥なのです。

姿勢を司る背骨だったりするのです。

その辺を知りながらカウンセリングを提供すると、早くアクセスできるし、効果的に解放も出来ます。

 

 

さらに恥を解放する方法を学んでいきませんか?

 

と、いうわけで、、、この流れがどこに向かっているか、、、、わかりますよね(笑)

恥をしっかり理解して、解放する方法をこの機会に学んでみませんか?

オンライン、自宅で学べるので、

あなたのペースでやれます。

まずは恥の記事を読んでから、参加を考えてみてもいいかもです。

⬇︎

恥の心理学|この辛い感情をカウンセリングで乗り越える方法

 

 

恥と自己批判を解消する方法を学ぶオンライン講座。

お申し込みページは、こちらより

⬇︎

https://www.pomua.info/shameonline/

 

 

 

 

 

 ⬇︎     ⬇︎     ⬇︎

 

 

計7本の動画

◉ 見捨てられ不安を改善する

◉ フラバや完璧主義を減らす

◉ 恥や自責を減らす

◉ チャイルドワークを効果的に

◉ トラウマセラピーの原理原則

 

定期的に配信している、心理セラピーのノウハウ、海外の情報、

お役立ち情報たっぷりのメルマガも受け取れます。

 

メルマガでしか告知しないものもあります。