この記事を書いた人 

山口修喜(Nobuki Yamaguchi)

北米に17年間住み、カナダ、ブリティッシュコロンビア州の公認臨床心理カウンセラーとして7年間働く。

帰国して、海外の最新トラウマセラピーを支援者に講座で伝え続けている。

 

 

ぽむ
あんしんか~ん。今日もよろしく~。

 

山口のぶき
ぽむ~。今回の大事なポイントは、「適量」だよ~。

 

安心感とは?

 

トラウマから回復するプロセスにおいて、

「安心、安全を大事にしましょう」とよく言われますよね。

 

最近では、どのセラピーでも

リソースが大事という流れがあります。

でもまだまだ少ないけどね(悲)

 

リソースというのは強み、資源という意味。

具体的には、安心感、自信、幸福感、達成感、穏やかさ、、、

 

ある程度、健康度が高ければ、

いきなり「過去に安心したことを思い出してみましょう」とか

「安心できる人は周りにいますか?」

 

というように心理カウンセラー(支援者)が聞いたりしますよね。

さらに、「その安心をじっくり感じてください~」なんて促す、、、

1分とか、3分とか充分味わってもらう。

 

でもね~。

でもよ~。

 

無理無理!

 

トラウマ症状が強く出ていたり、

体の感覚がなかったりする場合は、

 

このように聞いても効果がないことが多い。

いい感覚に浸ると、

嫌な感覚が出てくるから。

 

最後まで読んで頂ければ、

どうすればいいか、わかります。

 

ぽむ
のぶき~、にゃんでだよ~?

 

山口のぶき
ぽむ。あなた実は猫だったの(笑)理由を説明していくね~。

 

 

なぜ効果がないのか?

 

簡単に言うと、「早すぎる」

ということ。

 

繰り返される虐待やトラウマ的な出来事で

トラウマ症状が強い方は、、、

 

過覚醒状態、フラッシュバックになってたり、

このような状態では、心地よさを感じれないことが多いです。

 

さらに、低覚醒状態、解離状態、離人症の状態は、

感じたくない~、ということでこの状態になっているわけ。

 

何かを感じることを、やめている状態。

 

感じないようにしてるのに、

感じましょう!って

おなしくない(笑)

 

なので、穏やかな状態や安心感を

感じている余裕はないということなのです。

 

 

感じることは危険?

感じないように、過覚醒になったり、離人症の状態にいるわけで、、、

感じることを促すと、

 

「いやっ」って体がなる。

 

なので、クライアントさんの状態をみながら、

少しずつやる必要がある。

 

もっと大事なことは、

「準備」するということ。

 

安心を感じてもらう前に

たくさんやることがあります。

 

クライアントさんによっては、

数セッションかかることも、、、

中には、何十セッションもかかることもあります。

 

ぽむ
にゃんの準備をするの~?

 

山口のぶき
猫モードだね今日は(笑)準備とは、、、

 

 

安心感をやる前にすることは?

 

色々準備が必要です。

どんな準備が必要だと思いますか?

ちょっと想像してみてください。

 

思いつきました?

 

どうですか?

 

では、言いますね。

 

「普通の会話」をする。

 

えっ?

 

お金払ってセッション受けに来てもらって、

「ふっ、普通の会話!?」

 

そうなんです。普通の会話が以外に安全に

できることなのです。

 

友達同士で話すような内容。

最近みた映画の話。

近所の猫の話。

また猫出てきた(笑)

 

仕方ないから、

ポムの話とか(笑)

 

ぽむ
ポムの話とか?「とか」って(怒)

 

山口のぶき
ごめんごめん。ぽむも長年、クライアントさんのお手伝いをたくさんしてくれたね~。

 

 

被害体験を話さないとダメ?

 

 

クライアントさんは、

セラピーに来ると、しんどい話をしないとダメ、

過去の被害体験を話すことが回復につながるって

思っている方は多いです。

 

もちろんそれも大事なこと。もっと後の段階でね。

なので、そのように心理教育する、ということ。

 

被害体験は聞きません!ではなくて、

準備が必要なことをしっかり伝える。

 

話を戻すと、

普通の会話をしたり、

その中で、クライアントさんが

支えになった人のことが出てきたり、

支えになったことを思い返したり、

 

楽しい、充実していることなどを

あらためて確認することがとっても大事なんです。

 

まだこの時点では、

「感じる」ことはうながしてない。

 

話すだけ、

それだけでも、ちょっとは感じるから、、、

 

うながすのは、まだまだです。

 

これこそが、本当の効果的なセッションだと思う。

 

それをやっていくと、

自然と体が緩んできたりもするよね。

 

普通の会話が大事とわかっていて

やるのと、

何となく普通の会話になってしまっている、

では大違い。

 

ぽむ
ちょっとわかってきたよ~。その後はどうするの?

 

山口のぶき
その後?今回特別だよ~。

 

 

その後は、どう進めるの?

 

その後は、少しずつ「安心感を、、、」

やっていく、、、

のではなく(笑)

 

体を使っていくことが多いです。

 

グラウンディングです。

地に足をつける感覚であったり、

自分の足の裏を感じたり、

自分の体重を大地にゆだねたり。

 

そして、丹田を意識してみたり。

 

何百人とやったけど、

ほとんどの人は、刺激が強すぎて無理~、

とはなりませんでした。

 

相撲で例えると、、、

いきなり、ぶつかり稽古します?

まずはシコを踏むことからですよね。

 

シコを踏むことも、グラウンディング。

どっしり重たく、大地に根っこをはやしているようなもの。

 

そうすると、簡単に投げ飛ばされません!

 

トラウマを抱えた人もそう、

過去のフラバとか、

感覚の恐怖とかに、投げ飛ばされないようにします。

 

それが、グラウンディング!!!

 

ぽむ
にゃんとなく、わかってきたよ~。

 

山口のぶき
やっぱり猫!続きいくよ~。

 

 

とうとう安心感?

 

「それが出来たら、安心感をやっていくんですよね?」

 

 

ざ、

ざんね~ん。

 

次なにやったらいいと思います?

 

シンキングターイム!

ぽむ
もったいぶりすぎだワン。

 

山口のぶき
やっぱり犬、本性をあらわしたな(笑)

 

次は、

「体を少しずつほぐす」

 

 

 

ストレッチとかね。

 

ポイントは少しずつ。

 

手の先から、

ある意味、指1本から。

 

そんなこんなで、、、

ここまで来るのに、

10セッション使うこともあります。

人によってさまざまです。

 

意味があって体を固めているんです。

急にほぐし過ぎたら、

体さんは抵抗します。

 

よりさらに固くなることもあります。

 

そして、ようやく、

内側の感覚、

「感じる」ことをちょっとずつやっていく。

 

「安心出来る人」を思い出して

感じてみたり。

 

それも少しずつです。

 

人によっては、5秒から。

状態をみながら、やっていく。

 

1分くらいやってもいいと思ってませんか?

まずは5秒くらいからです。

 

もちろん、健康度が高かったり、

今まで色々なセラピーをやっていれば

1分とかもできることもあります。

 

この辺のことは、リソース構築のオンライン講座で

詳しく話しています。

 

ぽむ
ふっ~。長いぜ。

 

山口のぶき
ホントそう。長いぜ。でもこれが最短かも。遠回りのようで近道。

 

なので、

簡単に安心感と言っても、

トラウマを抱える人のプロセスは

知識とスキルがいると思っています。

 

ただ、いったん解ると、

それほど余計な苦労はなくなると思います。

 

さぁ、あなたにとっての安心感とは?

 

じゃくて、普通の会話から(笑)

そして、グラウンディングと丹田。

その後、ほぐし。

最後に、安心感やここちよいことを感じる。

 

っていうプロセスかな。

 

 

注意点があります

 

ただ、このプロセスは目安なので、

絶対、順番にやらないとダメとかいうものではありません。

いきなりストレッチができる

クライアントさんもおられるだろうし。

 

ポイントは

「クライアントさんと一緒に」

「少しずつ」

 

 

ぽむ
ふっ~。今日もいい学びだったにゃん。まっ、間違えた!いい学びだったワン。

 

山口のぶき
(笑)(笑)(笑)最後までありがとうね~。

 

 

 

リソースを効果的に、構築する方法を動画で公開しています。

こちらよりどうぞ。

 

 

 

 

無料オンライン講座


無料で動画をゲットする

5つの動画でトラウマから回復する効果的な方法が理解できます。

動画1 リソース構築法

動画2 フラッシュバックや過覚醒を抑える

動画3 解離、離人感の対応法

動画4 怒りとバウンダリーについて

動画5 恐怖症、強迫を手放す