自信がないからカウンセリングで起業できない!?

 

ぽむ
僕は自信満々だぜ〜!

山口のぶき
ぽむ~。やけに元気だね〜。

ぽむ
僕には怖いもんなんてないのさ!

 

よく自信がある、自信がない、
と言ったりしますが、、、

本当の自信とは?

海外の成功者をリサーチした研究とは?

 

自信がついたらカウンセリングで起業します?

 

「自信がついたらやります」

この言葉よく聞きます。

起業のコンサル(相談)をしていると、、、
よく聞きます。

あなたは、この言葉を聞いて
どう思いますか?

「自信がついたら、、、」

何か違う(笑)

 

 

自信は、やりながらついてくるもの。

「クライアントさんに、お金をもらって、
セッションをする自信がありません」

そりゃ、自信ないのは
あたりまえですよね。

逆に、最初から自信満々だったらやばいです。

ちょー自信過剰か
歪んだ自己愛、、、(笑)

全く心理カウンセリングとか
それ系のこと学んでなくて、

カウンセラーとして
起業して、やっていけるでしょ。

という能天気すぎるのもどうかと思います。

だれでも、びくびくしながら
最初の1歩を踏む。

自信なさすぎるのも
自信あり過ぎるのも、

両極端ですよね。

だからほどほどの自信がいいんです、とか
両方のバランスが大事なのです、

ということを言いたい訳でもないんです。

 

 

自信がないことを言い訳に使っている

 

「自信がついたら、やります」

「〇〇が解決すれば、やります」

「〇〇の資格を取ったら、始めます」

これは、多くの場合

言い訳に、「自信」ということを使っている。

 

心理カウンセリングで起業したい
という友人がいます。

めっちゃ学んでいて、資格もあるのに、、、

「もうちょっと経験を積んでから、、、」

もう5年間、同じことを言ってます(笑)

ちょっと毒舌ですいません。

もしかするとずっとそう思いながら
この先も行くのかなぁ~。

この人は、友達なので、
結構はっきり伝えます。

「はいはい、いつもの言い訳~(笑)」てね。

 

 

起業などのコンサルをしていても、
同じような方もそれなりにおられます。

すごい実績と経験があっても
まだまだです、と言われます。

謙虚に言ってるのでなく、
本当にそう思っている。

よくいるコンサルタントとかは、
「言い訳しないで、行動するのみです」
みたいなこと言います。

でも行動できないから、
自信がないことを言い訳にしてるのも、

理由があるわけですよね。
ブロックがあるわけですよね。

癒される必要がある
パーツさんやチャイルドがいる訳ですよね。

その辺を大事にやっていくと
スルスルっと、自然体で
行動できるようになる方は多いです。

 

 

心理カウンセリングの視点から自信を考える

 

結構、厳しめにお伝えしている
気もしています。

でも、心理カウンセリングなどを
やっていると、、、

自信を言い訳にする
背景に色々あるんだとも思えます。

起業するなど、
どんなことでもいいんですが、、、

背景にあるのは、

1 成功は自分にふさわしくない

自己肯定感が低いと
成功ということを敢えて
遠ざけることもあります。

それがコアな深いビリーフであれば
無意識が強烈に遠ざけようとしたりします。

そもそも成功の道を歩いて行かない
といいますか。

成功を拒否します。

 

2 怖い

やったことないことをするのは、
怖いと思うこともありますよね。

失敗が怖いみたいなこともあるし。

周りの人にどう見られるのか?
批判されるのが怖い、とか。

 

3 過小評価

過去の達成したこと、
過去に取った資格や実績、

それらをちゃんと認めることが
できない。

「沢山、学ばれて資格を持って
おられるのですね。」

と言っても、自分が癒されたかっただけ、
という人も多いです。

まあ、過小評価の奥にも色々ありそうですが。

 

なので、カウンセリングを副業にしたいとか
起業するなどは、「精神力」が大事になってきます。

自分の様々なパーツを認めたり、
自分を支える、ある意味の強さを
育んでいく必要がありそうです。

 

 

自信に関する研究

 

意外な結果をお伝えします。

アカデミックな研究ではないのですが、
海外で、成功者の中の成功者と言われる人々を
インタビューなどでリサーチすると、、、

どんな人をイメージしますか?

自信があって、行動力があって、、、
頭がよくて、、、決断力があって、、、

というようなイメージがありますよね。
下の写真のように。

もしくは、手を腰に当てて、
胸を張って、堂々と立っている人とか。

 

 

でも、リサーチの結果、そうではなかったのです!

自信などなかったということ。

不安もあるということ。
でも、問題を解決しようとしたり、
行動をし続けるということ。

ここでわかってくることがあります。

それは、、、
自信とは堂々としていて
自己肯定感が高くて、、、

みたいなことではないということ。

言い換えれば、
自信とは、不安がないということでない。
自信とは、ポジティブ思考みたいなことでもない。

大事なので繰り返しますね。

自信 = 不安がない 

ではないということ。

現実を直視し、
自分の弱い部分も認め、

不安でも、先が見えなくても、
解決法を模索して、
行動していくこと。

それが本当の自信なのかもしれません。

 

 

自信をつけようとしない?!

 

ここまで読まれてきて、
こう思いませんか?

「自信などつけようとしなくていい」

自信がないとか、あるとか。
これ自体が優先すべきことではない。

これ自体、成功に無関係とも言えそうです。

自信というもので、
武装すれば、怖くな〜い。

みたいに(笑)

 

 

起業するとか、
カウンセリングで食べていくとか、
やりたいことをするなどは、、、

自信は無関係なのかも。

「自信をつける7つの方法」

みたいな本がありそうですが、
自信という言葉を生み出して、
ある意味利用して、

大事な概念だと言い張って、
自信について、あれこれ語っている。

 

自信とは、、、

行動した後に、小さい成功した後に
もらえるかもしれない、

お土産みたいなものかも。

もらえたらラッキーくらいの(笑)

それでもあなたは、
お土産にこだわりますか?

お土産がもらえないと旅行には
行きません!

って言いますか?

 

 

本当の自信とは?

 

よく言いますよね。自信は、、、

「1mmずつしか増えていかない」

私も、10年ちょっと前、
覚えています。

カナダの男性サバイバーさんの
支援センターで、インターン生として、

びくびくしながら、初めて
セッションをしたときのことを、、、

こんな自分でいいんだろうか、、、
うまくできるかな、、、
難しい質問されたらどうしよう、、、

 

日本に帰国して、
男性サバイバー専門として、起業して、

クライアントさんは、
来てくれるのか、、、

ちょ~不安だったこと、、、
自信なんてありませんでした。

何とかなる、何とかする
という楽観的な部分もありましたが、

見通しは暗かったです。
日本で頼れる人は少なかったし。

本当にゼロから
という感覚でした。

なので、努力も沢山しましたし、
もがきましたし(笑)

やれることは何でもしたつもりでした。

でも今思います。

「やってきてよかった」

言い訳して、やらなかったら
今頃、本当に後悔してたと思う。

その結果として
自信がついてました。

1mmずつね(笑)

 

まとめると、、、

自信とは、不安がない状態ではない。
自信とは、不安があっても行動できる力。

自信をつけようとしなくていい。

自信とは、やりながら育てていくもの。
自信とは、1mmずつ増えていくもの。

なので、あなたの内側の
「やらない理由」に意識を向けると

あらたな発見があるかもしれません。

 

この記事、読んでくれた人の
為になってるのかなぁ?

不安だわ。

でも書き続けよ〜(笑)

 

 

 

ぽむ
そ、そうなのか、、、本当の自信をわかってなかった、、、(悲)

 

山口のぶき
そんなにショボくれなくても(笑)

 

ぽむ
どうせ僕なんて、ダメなやつさっ、、、

 

山口のぶき
今日は自信満々から始まって、自分がダメ、、、極端だね〜(笑)

 

 

 

 

 

どちらを選ばれますか?

⬇︎   ⬇︎   ⬇︎

 

 

 

 

カウンセラーなどの対人支援者で
成功したい人へ

⬇︎

計7本の動画

◉ 見捨てられ不安を改善する

◉ フラバや完璧主義を減らす

◉ 恥や自責を減らす

◉ チャイルドワークを効果的に

◉ トラウマセラピーの原理原則

 

 

 

 

 

 

トラウマから回復したい人へ

⬇︎

計3本の動画

◉ フラバを軽減する方法

◉ ポリヴェーガル理論

◉ 回復のプロセスについて