歴史上最悪のバウンダリー侵害とは?

そんな話をオフィスpomuで提供してる1年コースのバウンダリースペシャルの2日間の中でしました。

過去のトラウマで破れたバウンダリーを修復するワークや、より自由で柔軟なバウンダリーを構築するワークなどをやる中、

知的にも、バウンダリーをより理解してほしくて、最悪のバウンダリー侵害という話をお伝えしたのでした。

 

人類史上、歴史上、最強、最悪のバウンダリー侵害とは?

 

なんだと思いますか?

色々ありますよね。虐待、モラハラ、暴力、別に、どれが最悪で、どれがましで、などと順番をつけたいわけでもないのです。

ただ、意外な最悪のバウンダリー侵害がある、、、それをお伝えしたい、、、

 

こう言われるかもしれません。戦争ではないですか? 植民地政策ではないですか?

確かにそれも最悪のバウンダリー侵害と言えますよね。

 

より視点を広く持ってみると、こうも考えれるのではないでしょうか。

人類史上最悪のバウンダリー侵害は、、、今の世代が、、、未来の世代の、、、

「生きる権利を奪うこと」

 

 

この100年、この50年、この20年、今の世代の私たちは、、、自然、動物、植物、地球に対してとんでもなく害を与えてきました。

とんでもなく短い年月で、とんでもなく害を与えてきたのではないでしょうか。

「修復することができないダメージ」なんていうようにも言われてますよね。

 

 

人から自然というバウンダリー侵害

 

未来の世代が生きる権利を奪われるかもしれない。

生きれても最悪の環境かもしれない。最強のウイルス、災害、洪水、台風、食糧危機、、、、

 

もうすでになってきている。温暖化で、ウイルスや気候変動。今の子供たちって1日中マスクして学校で生活している。給食の時も一人で黙って食べる。こんな可哀想なことないですよね。

私たちがこどもの頃、もっと野菜とか水とか綺麗だったような気がします。走り回って、はしゃぎまくってたと(笑)

 

今や、家畜の餌となるコーンなどを育てる土地、アマゾンの大森林、半分とか、70%以上もなくなっていると聞きます。

ブラジル、アマゾンのドローン写真

⬇︎

 

緑の多い日本に住んでいると実感ないですよね。

自然を破壊したり、汚染したり、いつも途上国です。先進国の人の欲を満たすため、という部分も否定はできないです。

 

 

未来の世代への倫理

 

未来の世代、、、1世代ではないですよ。

これからも続く、何百世代、、、何千、何万、何億世代、、、その世代ごとに、何十億人、、、もう数えれません(笑)

その何億✖️何億、、、その人たち、楽しんだり、笑ったり、泣いたり、生きたいと思うんです。

皆さんはどう思いますか?

終わらせてしまう、、、そもそもの生きる権利を奪う、、、そんなバウンダリー侵害。

 

 

私たち一人一人の力

 

微力でも、私たちは、やれることがあると思います。

 

 

日常の、、、「ちょっとしたこと」そんなとこからはじめてみませんか?

 

 

山口のぶき
ぽむ~ あなたの種族、、、

ポメラニアンたちが生きれなくなるかもよ〜。

 

ぽむ
これこそ緊急事態〜。

 

山口のぶき
純粋無垢なワンちゃんたちには、

お散歩、お昼寝、お食事、、、楽しんでもらいたいよ〜

 

ぽむ
僕のこどもたちには、せいいっぱい、遊んでほしいのです!

 

 

 

 

 

 ⬇︎     ⬇︎     ⬇︎

 

 

計7本の動画

◉ 見捨てられ不安を改善する

◉ フラバや完璧主義を減らす

◉ 恥や自責を減らす

◉ チャイルドワークを効果的に

◉ トラウマセラピーの原理原則

 

定期的に配信している、心理セラピーのノウハウ、海外の情報、

お役立ち情報たっぷりのメルマガも受け取れます。

 

メルマガでしか告知しないものもあります。